「ヘアカラー」と「ヘアマニキュア」の違いとは?

髪への負担で白髪染めを選ぶなら、先ずは「ヘアカラー」と「ヘアマニキュア」、この二種類の白髪染めの違いを理解する必要があります。

「ヘアカラー」は数ある白髪染めの中でも最も一般的なタイプです。

誰でも簡単に白髪を綺麗に染めることができるのが最大の特徴で、しかも色持ちも商品差こそあれ1~2ヶ月程度と非常に長くなっています。

染まりの美しさと色持ちの良さは大きなメリットなのです。

反面、アレルギー物質が含まれていたり、髪や頭皮にダメージを与えかねない成分も含まれているため、肌が弱い方、アレルギー体質の方は使用に十分な注意が必要です。

「ヘアマニキュア」はヘアカラーのように髪の芯まで染料が染み込まない反面、髪と頭皮に与えるダメージが非常に小さいのが特徴です。

ヘアカラーのように白髪と黒髪が全く同じ色になることはありませんが、白髪が目立たない程度には髪の表面をキレイに染めることが可能です。

また、色持ちは2~3週間程度の商品が多く、塗り直しの間隔はある程度短くなります。

髪と頭皮へのダメージを最小限に抑えつつ白髪を目立たなくさせたい、そう考えているのであれば絶対に「ヘアマニキュア」がオススメです。

しかし、とりあえず白髪を手間なくキレイに黒く染めてしまいたい、そう考えているのであれば「ヘアカラー」の方が良いのかもしれません。

また、ヘアカラーとヘアマニキュアを併用する方法もあるかと思います。

ヘアカラーを使いつつ、髪へのダメージは抑えたい人にはオススメの方法です。

Comments are disabled